今から心理カウンセラーになるには?

近年は、癒しやこころの健康志向の影響もあって、いわゆる“心理カウンセラー”になりたい方や、心理カウンセラー系の資格を取得しようと考えておられる方がとても多いみたいですね。


でも、「いったい心理カウンセラーになるにはどうしたらいいのかわからない。」という声も実際のところよく聞かれます。


無理もないことだと思いますね。


それは心理カウンセラーになる方法がひとつではなく、いろいろな目指し方があるからです。


また資格的にも、心理カウンセラーという名称の国家資格はありませんので、存在する資格はすべて民間資格となり、複数の認定機関が存在しており、それぞれが独自の認定基準を設けて資格の認定をしているのが実情だからです。


そういったところも、心理カウンセラーになる方法がイマイチわかりづらい理由になっているのかもしれません。


そこで当サイトでは、これから心理カウンセラーの資格取得を目指されたり、心理カウンセラーになることを希望されているあなたの状況に合わせて、わかりやすく心理カウンセラーになるための方法を解説させて頂きたいと思います。

現在大学生の方が心理カウンセラーになるには?

現在大学生の方で、心理学部や心理学科に在籍されておられるような方は、そのまま一生懸命勉強をして頂き、心理系の大学院へ進むことを検討して下さい。


他の学部に在籍されておられる方は、なるべく心理学部や心理学科へ移籍するようにして下さい。


そしてその後、やはり心理系の大学院へ進むようにして下さい。


大学院は最低2年間、可能ならば4年間通い、博士課程まで修了されるのが良いでしょう。


難しい方は2年間でも構いませんが、修了後は臨床心理士資格を取得されるようにして下さい。


先ほど心理カウンセラー系の資格は複数有る、と記載させてもらいましたが、その中でも臨床心理士資格が一番その歴史や認知度が高いものとなりますから、取得しておかれればその後の活動において有益だと思います。


また、博士課程まで修了されていれば、少なくとも日本国内においては学歴的には最高水準のものとなりますから、やはりその後の進路において有利になるものだと思います。


博士課程まで修了しているようなら、大学に籍を残し、助教授や教授といった道を目指されるのも有りだとは思いますよ。


そこをベースにして学生相談室などを活用し心理カウンセラーとしての活動も並行して行えば、かなり安定した心理カウンセリング活動ができるのではないか、と思いますね。


いずれにせよ、心理学部であっても心理学科であっても、大学4年間を修了したのみというのは、非常に中途半端なので、あまり役には立たないと思っておいた方が良いでしょう。


意味を成すには、大学院を出ている必要があるのです。

社会人の方や高卒以下の学歴の方が心理カウンセラーになるには?

すでに社会人として働いておられる方や、上記のように大学や大学院へ進むことが現実問題として困難であるような方が、心理カウンセラーになるにはどうしたら良いかを考えていきたいと思います。


まず、大学・大学院ルートのメリットは前述した通りですが、デメリットとしては、心理カウンセラーとしての現場レベルのスキルが大抵の場合身に付いていない、ということが挙げられます。


意外に思われるかもしれませんが、大学はあくまで学問を学ぶ所であり、大学院は研究をする所となりますから、心理カウンセラーとしての実践的なスキルを身に付ける機会は、本当のところほとんどないのです。


なので、このルートを選択しない方たちは、彼らの持たない“心理カウンセラーとしての実践的なスキル”を身に付けていくことで差別化をはかる必要が絶対にあると思います。


具体的なステップとしましては、まずまとまった量の心理学やカウンセリングのコーナーのある大きな書店に行ってみて下さい。


それらの中には、わかりやすい本やさっぱり意味がわからない本、興味をひかれた本や全く興味を持てない本など、様々な心理カウンセリング関連の書籍があることでしょう。


特に買う必要はありませんので(買ってもらっても構いませんが)、自分が漠然とどんな分野のどんな心理カウンセリングに関心があったかを思い留めておいて下さい。


これは将来変わっても構いませんし、そのまま変わらなくても一向に問題はありません。


心理カウンセラーとひと口に言っても、そのジャンルや、基となる理論や技術は様々で、非常に多くのものがあります。そのすべてを網羅することは不可能だと思いますから、おそらく将来においてご自身にあったものをいくつか選択することになるでしょう。


そんな時のためのファーストチェックを行っておくのです。


こういったことを意識して行っておくかどうかで、その後の展開が大きく変わってきたりしますからね。


次に都合やご予算などに応じて、心理カウンセラーのことが広く浅く学べるような講座を見つける作業に入りたいと思います。


都合というのは、例えば通学講座でしたら、通うことのできる地理的な範囲内に良い心理カウンセリング機関があるかどうかどうか。


また、かかる受講料を無理なく用意することができるかどうか、通える時間帯に講座は開催されているかどうか、などです。


難しいようなら通信講座でも一向に構いません。


昔と違って、今の通信講座はよくできているものが多く、同じ内容でも通学講座と比べて受講料は半値以下の場合が多いですから、コストパフォーマンス的にも通信講座は意外におすすめです。


但し、極力心理カウンセリングの専門機関が発行しているような通信講座を選んで下さい


多種多様なものを取り扱っているような通信講座は、いくら心理系であってもあまりおすすめはしません。


PRスポンサーリンク


通学講座でも通信講座でも構いませんが、ここで重要なことは心理カウンセラーに関連するベーシックな知識や理論、または技術といったものを広く浅く知る、ということです。


おそらく完全に習得することなど無理だと思いますから、その点を念頭において選んでみて下さい。


選ばれた講座を修了された段階でも資格の取得をすることはできるとは思いますが、無理にする必要は特にありません。


ただ、試験を受けたりするといったことがないと中々真剣に取り組めない、というような方は、本来は逆だとは思いますが、“勉強をするために試験”を受けてみるのも良いかもしれませんね。


そして広く浅く学んだ次は、その中から関心を持てた心理療法を見つけて下さい。


その後その療法を専門にしている協会や学会などの団体が必ずありますから、そういった団体を見つけてアクセスするようにしてみて下さい。


おそらく今なら、ホームページを見たり資料請求をすれば、その団体が主催するイベントや講座に関する案内情報が得られるでしょう。


そしてそういった団体に関わり、資格を取得するようにしていって下さい。


団体はひとつでも構いませんし、複数でも構いません。


“広く浅く”から今度は“狭く深く”学んでいく、というスタンスに切り替えていきます。


私の経験から言っても、考え方ややり方が合わなかったり、心底納得できないような理論や技術を追い求めても仕方ないです。


早晩そういったものには付き合えなくなってしまうものです。


逆に関心をひかれたものには、それなりの理由があるものだと思いますから、そういったものの追求をされていった方が楽しいですし、実際問題として習得するのも早いと思いますね。


徹底してひとつかふたつぐらいのものを追求されていった方が、後々プロの心理カウンセラーになった際も有利だと思います。


コックで言えば、日本料理なのかイタリア料理なのかを決めていき、さらに寿司なのか和菓子なのかを絞り込んでいくのと同じ発想ですね。


そこまでいきましたら、いよいよ次は実践です。


実践作業を積んで理論と技術のさらなる体得と、経験を積み重ねていきます。


実践力を付けていくのにもっとも効果的なのは、大抵の各地域にある“電話相談”業務に参加することです。


ポランティアのものが多いとは思いますが(中には少額ながら謝礼の出るものもあります)、仕事として募集のかかっているものもありますから、そういったものに応募して電話相談員として従事するのです。


極力人生上の悩み相談電話がかかってくるような機関であることが望ましいでしょう。


この段階では表明しない方がいいのですが、基本的にはあくまで“実践練習”が目的です。


ただ、かかってくる電話は現実の悩み相談ですから、実践練習であることを意識しつつも真剣に従事していくことは忘れないで下さい。


あと、“結婚カウンセラー”的な募集は、営業しなくてはならないと思われますから、この段階ではやめておかれた方がいいでしょう。


この実践練習の段階は言ってみれば“トライ&エラー”のステージとなります。


いくら練習を積んで資格を取得していたとしても、現実はそんな甘いものではありません。


わかっていたつもりであってもわかっていなかったり、体得していたつもりであっても身に付いていなかったり、といったことにきっと何度も遭遇することでしょう。


時にはショックを受けたりがっかりすることもあるとは思いますが、正直そんなものです。


自動車学校を出たばかりの若葉マークのドライバーが、いきなりレーサーにはなれません。


ここではトライ&エラーの名の如く、そういったことを繰り返す行うことが重要なのです。


失敗した時は、何がいけなかったのか、次はどうすればいいのか、といったことを自問自答し検証することが特に重要な作業となります。


大切なのは、同じミスを何度も繰り返さない、という姿勢なんですね。


加えて、このステージと同時にして頂きたいこととしましては、プログの開設です。


アメブロなどの無料ブログで構いません。


ブログを解説し、あなたの日々の奮闘を詳細に綴っていって下さい。


良かったことや悪かったこと、疑問に思ったことや学んだことなど、何を綴っていってもらってもいいと思います。


無論守秘義務の問題はあるでしょうから、すべてを公開していくことはできません。


そんな箇所は匿名にしたりボカして表現していったりして書いていって下さい。


この守秘義務上の判断も、将来さらに必要となってくる重要なものとなりますから、その訓練にもなると思いますね。


このブログは心理カウンセラーとして活動していく際の布石にもなるものです。


ブログを綴るのは、主に自分のためでもあるのですが、それでも訪問してくれるユーザーに対して、本当に意義のある内容の文章を綴っていけば、次第にあなたのファンが誕生していきます。


おそらくそのうち、相談にのってもらいたいという問い合わせも出てくるでしょう。


こうやって少しずつ仕事を作っていくのです。


電話相談をしているあなたですから、例えばスカイプなどを利用した有料の電話心理カウンセリング、という方向へは持って行きやすいですよね。


場所が用意できるようでしたら、実際の対面式の心理カウンセリングを企画しても良いでしょう。


場所は資格を取得した団体などから、カウンセリングルームをレンタルできるような場合もあるでしょうし、近所のコミュニティセンターの会議室を借りたりと、とにかく原則密室になるような所でしたらOKです。


ただ守秘義務的にも、喫茶店などはやめておかれた方がいいでしょう。


自宅でも構わない、ということでしたら自宅のリビングなどを利用するのも有りかもしれません。


そして、こういったことをして得られた経験をまた、ブログへ投稿していくのです。


取りあえず無料の営業ツールとしてブログを例に出しておりますが、ツイッターなどのSNSをうまく活用していくのも有りだと思います。


ユーチューブなどに動画を配信したりね。


いずれの場合にせよくどいように言いますが、守秘義務だけは気をつけて下さい。


こういったことを進めていくと、心理学講座の講師や講演会の依頼なども出てくる場合がありますから、そういった機会を利用して心理カウンセラーとしてのあなたの知名度を広げていくのも良いでしょう。


大学などに残らずに活動をしていく心理カウンセラーは、このようにすべてのことをパッケージにして考えていく必要があると思います。


苦手なことはメニューから外したり、仮に依頼があったとしても断ればいいだけの話ですからね。


むしろ素人であったあなたが、心理カウンセラーになっていく過程といったリアルな日常は、多くの人の共感と興味をひくコンテンツだと思いますから、遠慮も躊躇も無用です。


いきなりすべてのことはできませんし、する必要もありませんが、いつか心理カウンセラーになりたいなぁ、と思っているだけでは何も始まりません。


なので、心理カウンセラーになるための、はじめの小さな一歩をまず踏み出して行って下さい。

おすすめひとまず以下のサイトから興味を持てるような機関や講座を探し、資料請求などをしてみて下さい。きっと小さな一歩になると思いますよ。




サイト運営者

中野と申します。


小さなカウンセリングルームを運営しております。


今回は、自分の経験なども元にして心理カウンセラーになるための方法をまとめてみました。


私も20代の大半は心理カウンセリングとは関係のない仕事をして過ごし、心理カウンセラーになるための具体的な活動を始めたのは20代後半に入ってからでしたので、大学や大学院を出たての人たちと同じことをやっていてはいけないな、と思い試行錯誤しておりました。


当時と違い、今はブログなど便利で無料のツールがたくさんありますから、それらを利用しない手はないと思いますね。ぜひ、頑張ってみて下さい!!


                                       プライバシーポリシー他

ページの先頭へ